読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奄美生活。よーりよーり。

奄美大島のあんなことやこんなこと。+本

黒糖自由売買運動を民衆に喚起指したヒーロー丸田南里【名瀬】

丸田南里さんって?

 

幕末の時代に長崎の商人、グラバーに誘われてイギリスに密航し、その後故郷の奄美大島に帰る。鹿児島県の保護下にある鹿児島商人を中心とする大島商会の砂糖売買独占に対して砂糖勝手売買運動をおこし、奄美の解放に貢献した。

 

なぜ、14歳という若さにしてグラバーに随行して英国に渡ったのか。その経緯が書かれた書籍とかあるのかしら。

 

苦い砂糖―丸田南里と奄美自由解放運動

苦い砂糖―丸田南里と奄美自由解放運動

 

 機会があったら読みたいですね。

 

南里さんのお墓が井根町にある。

お目にかかりたい。そんな想いで行ってみました。

 

f:id:sorairo2000:20161208152341j:image

名瀬小学校近く、電柱に看板が。

矢印の方向へ…

 

f:id:sorairo2000:20161209090502j:image

少し歩くと左上にお墓が。

 

f:id:sorairo2000:20161209090607j:image

まだこの先ですよ。の目印が。

階段を上ると細い道を歩く。

 

f:id:sorairo2000:20161209090726j:image

狭っ。

 

f:id:sorairo2000:20161209090749j:image

もう少し歩く。

 

f:id:sorairo2000:20161209090827j:image

あれかしら?

 

f:id:sorairo2000:20161209090856j:image

ありました。丸田南里さんのお墓。

明治20年(1887)若くして36歳で亡くなる。

この共同墓地にひっそりとたたずんでいました。

 

西洋のデモクラシーを学んで黒糖自由売買運動を民衆に喚起指したヒーロだったんですね。

 


にほんブログ村